オジー・モアのボディスイング理論とは? | 左一軸打法ゴルフプログラム 小池幸二の評価

オジー・モアのボールを真っ直ぐ飛ばす理論とは?

 

ボディスイングとは、「左一軸打法ゴルフプログラム Basic」で
もっとも中心となる独自のスイング理論で
腰と腕を完全に一体化させてボディターンしていくスイングのことを指しています。

 

 

ボディスイング トップの形

これまで、日本の多くのゴルファーたちは「捻転」という概念の下に、
「腰をねじるように回転させ、腕の動きを活かして体重移動する」というスイングを
実践してきていると思いますが、これとは全く一線を画したスイング理論です。

 

従来のゴルフ理論は、当然のことのように
「ゴルフでは、ボールを真っ直ぐ飛ばすことは難しい」ということが
大前提になっています。

 

しかし、オジー・モアのボディスイングは

 

ボールを真っ直ぐ飛ばすことは、
誰にとっても非常に簡単にできることを前提として構成されています。

 

捻転・体重移動が、ともに必要ないスイング・・・
正直なところ、慣れないうちは違和感がないといえば嘘になりますが、
理論をきちんと理解してくり返しスイングしていくことで、
「これならば、何度でも同じスイングを再現する事が出来る!」と実感していけます。

 

 

 

 

 

では、ボールを真っ直ぐ飛ばすのに必要なこととは?

 

では、 誰もが、どの番手のクラブでも
ボールを真っ直ぐに飛ばすためには、何が必要なのでしょうか?

 

この問いに対する
「左一軸打法ゴルフプログラム Basic」の中での解答は非常にシンプルです。

 

オジーや小池幸二さんの言葉を借りれば

 

左一軸ボディスイングのスイングアーク

 

「アドレスで正しいポスチュアを取り、 ヘッドがインパクトゾーンで長く、
しかも体の軸に対してフェース面を変えない軌道をインサイドインで描くこと」

 

さえ出来れば、間違いなくボールは真っ直ぐに飛んでいくというのです。

 

 

 

ボディスイング インパクトの形

まず、オジー・モアが、そして小池さんが提唱しているスイング理論は
「ボールを簡単に、真っ直ぐ飛ばすこと」 であると理解しておいてください。

 

また、真っ直ぐではなく、ボールを曲げたいという時には、
アドレスの際の方向のとり方と、フェース面の向きを変えるだけで、
ボールを狙った方向に曲げることが可能だというのです。

 

「そんなこと言われても、実際にやるのは難しいんじゃないの?」
なんていう心配の声も聞こえてきそうですが

 

「左一軸打法ゴルフプログラム Basic」を見れば
そんな心配は不要であることがわかってきます。

 

誰でも、簡単に、真っ直ぐでも、曲げることも自在に出来る、
そんな究極のスイング理論を、分かりやすく丁寧に解説しているのが
「左一軸打法ゴルフプログラム Basic」なんです。

 

 

公式サイトはこちら→ 【世界最新】左一軸打法ゴルフプログラム Basic

 

 

 

【他のページへ】

 

 

当サイト経由で【左一軸打法ゴルフプログラム Basic】をお申し込みの方だけに限定プレゼントです。

 

下記の特典を全てセットにしてプレゼントします!

 

期間限定特別特典「ゴルフ90切りなんて簡単なんです。」

 

特典内容を確認する

 

 

お申し込みはこちらのボタンをクリックして、販売ページへ

 

「左一軸」で、何度でも「真っ直ぐ遠くへ」飛ばす!